ノーローン

ノーローンでなくても大丈夫でした!欲しかったものを借入でゲット!

私が貿易関係の仕事をしているのは、父親の仕事の都合で幼少期を海外で過ごし、学生時代には個人的によく海外旅行に行ったことなどから、海外に強い興味を持っていたからだと思います。

今でも折を見ては旅行に出かけるチャンスをうかがっているのですが、やっぱり海外に旅行できる機会というのはめっきり減ってしまい、残念に思うところが少なくありません。大学を出て今の会社に就職してからすでに10年以上が経っています。私ももう35歳です。責任ある仕事を任されることも多く、なかなか個人旅行のチャンスは巡って来ません。

代わりに私が親しみを持つようになったのは海外から輸入された外国のインテリアです。海外の雰囲気を楽しみたいとき、私はもっぱら自分で外国に出かけ、現地を歩き回るばかりで、インテリアでその国の雰囲気を楽しもうといった趣向はまずなかったのですが、ある時からすっかりのめり込んでしまいました。旅行に出る機会がなかなか得られずにモヤモヤしているときに、専門のインテリアを扱うお店でそれらを見た時、素直に「いいな」と思えました。海外の雰囲気が、まるで小包にでも入れられて並べられているように感じたのです。

実際に旅行に出られないうっぷんを晴らすようにインテリアを求め、部屋に飾るのが密かな楽しみとなっていきました。私が好きなのはヨーロッパのインテリアです。現地に行くことなく、自分の部屋をまるで現地にいるかのように飾るのが好きなのです。

ただ、実際に旅行に行くよりもインテリアを買う方が安上がりだという事情が裏目に出てしまい、最近この楽しみで散財することが増えました。ちゃんと計算してみると、下手な旅行一回分よりもお金を失くしてしまい、これには反省しましたね……。だいぶインテリアも揃ったことだし、しばらく買うのは控えようと思ったところに、まさに私好みのインテリアが入荷されていたんです!

その商品は一点もので、誰かに買われてしまうともうそれっきりです。仲良くなった店員さんに確認してみると、再入荷の予定はまったく白紙とのこと。これは何がなんでも欲しい!と思いましたが、これまでの散財がひびき、すぐには手が出せそうにありません。

これも身から出た錆、今回は諦めようと一度は決めたものの、そのインテリアのことが気になって仕事にも身が入らなくなってしまいました。それで、同じ趣味を持つ友人がたまに借入によってインテリアを購入していたのを思い出し、今回に限りその手を使おうと決意したのです。

普段は借入を利用する機会もありませんので、どれがいいのかといったことはあまりわからないのですが、その友人がいつも使っているのはノーローンでした。そこの話を聞いてもいたので、そこを使おうかなと思っていたのですが、自分でも簡単にネットで検索してみると、他に気に入ったサービスが見つかりましたのでそちらを使おうと決めました。旅行しているときもそうなのですが、私はとにかく自分で確かめて、自分が気に入った方を選ぶことにしているのです。

かし何分、借入を利用するのはこれが初めてでしたので、若干の不安もあったのですが、無事思った通りの利用ができました。私が希望していた額のお金を、無事に借りることができたのです。そのお金を持って、さっそく行きつけのお店に行きました。逸る心を押さえて店内に駆け込むと、目当ての一品インテリアはまだ誰にも買われていませんでした。安堵の溜息をつき、その場にへたり込んでしまうかと思いましたよ(笑)。もちろんその場で購入させてもらいました。

そのインテリアは、今も私の部屋を飾り、他国の空気を呼び込んでくれています。旅行に出られない私も、その空気のおかげでますます慰められるようになりました。これは借入してでも買った価値があったと思います。本当に満足しています。

知らないと損をする!無利息ローンの選び方

いまやすっかり一般的になってしまった感のある無利息ローン、いったいどこを選べば良いのか目移りしますよね。以下ではその方法を少しご紹介しましょう。

まず、無利息ローンといっても、相手は商売でやっている以上、これは販売促進のための商品に過ぎない、ということを忘れてはいけません。ですから、どの会社の無利息ローンにも少なからずカラクリが隠されていることを覚えておきましょう。

例えば、30日無利息ローンという商品があります。「1ヶ月も無利息で借りられちゃうの??」とびっくりする方も多いと思いますが、実はこれは初回契約者に限った特典です。つまり、「契約すると最初の30日は無利息だよ~」という販促のひとつなのですね。しかし、この観点からすると新生銀行の1週間無利息ローン、「ノーローン」、これはある意味特筆すべき商品です。なぜかというと一度利用しても翌月になるとまた繰り返し利用することができるからです。実は以前は、もっと凄くて、ほぼ連続的に利用することができていたようです。しかし、「大車輪」と呼ばれるこのノーローンを利用した借り換えによって利息を圧縮する輩が増えたため、現在は、翌日になって始めて再度の利用ができるようになりました。

このノーローンもあくまでも販促のひとつですから、調子に乗って利用しているといつまでも相手の術中にはまってしまいますから、利用は少額の借り入れに限りましょう。そして、明確に返済の見込みがあるときだけの利用にしてください。

無利息のサラ金、増額をするための2つの鍵

無利息のサラ金を最初は慎重に利用していたものの、だんだんと慣れてくると、今度はもっと借り入れることの出来る額が増えればいいな、と思うものです。では、どうやったら無利息ローンの借入金額を増やすことができるのでしょうか?一言で言えば、貸金業者にとって「おいしいお客」になることです。この法則はどんな場合にも当てはまることです。好きな彼女の気を引きたければ、彼女がほしいものをプレゼントすること、顧客の信頼を得たければ、顧客にとって信頼できる客になること、親に自分の要求を理解してもらうためには親の要求にまず耳を傾けること。わたしたちは往々にして自分の視点からだけでものを見がちですが、相手の視点から自分の置かれている状況をみることが成功につながることが多いのです。

さて、貸金業者にとって「おいしいお客」とは、次の2つのことを指します。まずはなんといっても期日をきちんと守って返済すること。そして、もう一つは長期にわたってコンスタントに借り続けること。

友達同士、恋人同士の信頼関係がすぐに培われる訳はなく、数ヶ月かかってやっと培われるのと同じように貸金業者に上記のことを知ってもらうのもある程度の時間がかかります。最低でも半年は必要でしょう。場合によっては1年近く見られることもあります。時間をかけてある程度実績を提示してきたなら、貸金業者に増額を申し出てみましょう。過去の実績に基づいて審査してくれるはずです。多くの場合は電話やネットで申し込むことができるはずです。

無利息のローン、専業主婦でも借りれる方法

専業主婦の方は日々家事に追われ、子供の世話をし、ストレスがたまることも多いと思います。そんな時にたまには息抜きしたい、ということもあるでしょう。しかし、自由になるお金が少ない、どうしたらいいのでしょうか。そんな方におすすめなのが無利息ローン、特に新生銀行グループのノーローンです。ノーローンですと、1週間は全く無利息でお金を借りることができますし、他の消費者金融と異なるのは、ノーローン以外ですと、初回の申し込み者に限ることが多いのですが、ノーローンは一度利用して、翌月になれば再度1週間の無利息ローンを使うことができる、ということです。繰り返しの利用ができるわけですね。

さて、そんなノーローン、専業主婦の方でも借りることができるのでしょうか。ノーローンといえども結局は商売ですから、まったく収入がなく返済の見込みがない人にお金を貸すほどお人好しではありません。主婦の方であってももしアルバイトやパートで定期的な収入があれば借りることも十分可能ですが、これは全く収入のない専業主婦の方となると話は別です。

では、どうしたら良いのでしょうか。方法がないわけではありません。ご主人さんの収入に基づいて借りることができるのです。もちろん、こっそり、というわけには行きませんから、ご主人さんの了解を得て、ということになるでしょうが、きちんと自分にも息抜きが必要であることを話して、理解してもらうようにしましょう。そうすれば、きっとご主人さんもわかってくれることと思います。

無利息のキャッシングで多重債務、本人死亡の場合はどうなるの?

無利息ローンの怖いところ、それは借金に対する感覚を麻痺させてしまうことです。最初は無利息期間中に借金を返すようにするのですが、だんだんと「少しくらいイイや」という気持ちになり、少しずつ多重債務者へと道を進めることになるのです。さて、場合によっては数百万円と膨らんでしまった借金、これを返さないまま、本人が死亡してしまった場合はどうなるのでしょうか。

消費者金融からの借り入れもそれが少額であるか、多額であるかにかかわりなく、立派な債権ですから、これは本人の死亡によって相続されます。しかし、自分が借りたわけでもない借金がある日自分のところに飛び込んでくる、どう考えても不合理ですよね。そこで民法には相続放棄と限定承認という制度があります。相続放棄とはプラスの財産、マイナスの財産関係なく、とにかく相続人としての地位を放棄する方法、限定承認とは、相続した資産の範囲内で負債を返済することで、あとで負債がさらにあることがわかったとしても返済する必要はない、というものです。

これは他の相続人にも関係していることですから、ずっといつまででもその手続きができるとしておくとなかなか法律関係が安定しませんから、相続開始を知った日から三ヶ月以内にしなければならない、とされています。しかも、その相手は家庭裁判所です。ですから、家族に「相続放棄するから」と伝えておいても法的な効力はない、ということですね。

いずれにしても子供や孫にこんな心配をさせないように借金なんて作らないのが一番です。

無利息のローンを利用したい!家賃が審査に影響を及ぼすってホント?

無利息ローンの審査は通常のローンよりやや厳しめだといわれています。利用者が支払う金利が少ないため、貸金業者としても貸倒の危険が高い人に貸したくないという思いがあるわけです。さて、審査の際には様々なポイントがチェックされますが、ここでは申込者の居住形態が審査に及ぼす影響をすこし考えてみましょう。

審査によってチェックされるのは一言で言えば、「申込者には返済能力があるのか」ということです。そして、返済能力は主に二つの面からチェックされます。つまり、収入が出来るだけ多いこと、そして、支出ができるだけ少ないこと、です。その二つが様々な面から判断されるわけですね。

さて、その観点からすると、申込者の居住形態というのは支出の面を測る材料になります。具体的に言えば、家を借りていて毎月定期的に家賃を払わねばならないとすると、その分だけ返済に回せるお金が減ることになります。毎月の支払い家賃が増えれば増えるほど、貸金業者には不安材料を増やすことになる、ということです。また、借家暮らしということはいつ、何時引っ越すかわからない、ということですから、貸金業者にとっては不確定な要素が増えるということです。

逆に言えば持ち家があることは審査に有利になります。上に述べたことの逆、つまり家賃のために出ていくお金がない、ということですから。また、それよりも大きなこととして、持ち家があるということはずっとそこに住み続けるということですし、居住年数が増えれば増えるほどその蓋然性が高まりますから、貸金業者としては安心ということです。

こうした居住形態も考慮に入れて審査にのぞむようにしましょう。

消費者金融は総量規制の対象、じゃあノーローンは??

総量規制に関しては多くの方々がその名称は聞いたことがあるものの、なんとなくしか理解していない制度かもしれません。数年前に貸金業法が改正された際に織り込まれましたが、自己破産や貸金業者の貸し過ぎに鑑み、個人が借り入れることのできる金額を年収の3分の1までに制限するというものです。すべての借金にこの制度が適用される、と勘違いしている方が多いようですが、総量規制の対象になるのは、消費者金融、信販会社の借り入れに限ります。裏を返せば、銀行からの借り入れは総量規制の対象外というわけです。

さて、ノーローンという商品があります。1週間のうちに借り入れたものを返済すれば、金利がつかないというもので、連続して利用し続けることはできませんが、翌月には再度利用することができます。では、このノーローンは総量規制の対象になるのでしょうか。

このノーローンはシンキという会社によって展開されているのですが、実はこのシンキは新生銀行の子会社です。ですから、ノーローンは銀行のカードローンではないものの、いわゆる銀行系のカードローンといえるますから、総量規制の対象外ということになります。ですから、借り入れ額は年収の3分の1に制限されることもありません。というとまた勘違いされる方がおられるのですが、別に好き放題いくらでも借りられるわけではありません。銀行はその分、審査が厳しいですから、結局利用者が返せなくなるような額を貸すことはありません。

無利息のサラ金で借りすぎた!夜逃げをするなら、してはいけないこと

無利息ローンの怖いところは簡単に借金へ足を踏み入れてしまうことです。もっとも裏を返せばそれこそが無利息ローンの狙いであるのですが。人によっては最初は軽い気持ちで無利息ローンを借り始めたものの、だんだんと借金に対する感覚が麻痺し、複数の会社から借りるようになり、多重債務者になってしまった人が多くいらっしゃいます。さて、そうなってしまった場合、やるべきなのは可能な限り債務を返済すること、でも、それでもどうにもこうにもならず、生きるのもままならない、というとき、人の頭の中にはある方法が浮かびます。それは「夜逃げ」です。ここでは、夜逃げの際にしてはいけないことを少しご紹介します。

まず、夜逃げをする、ということはどういうことかをすこし考えてみましょう。人はなぜ夜逃げをするのでしょうか。それは簡単です、行方をくらますためです。電話を通じても、勤務先を通じても、かりに自分が住んでいる場所に来られても、連絡がとれないようにするためですね。ですから、何らかの方法で自分が住んでいる場所が分かられたら夜逃げの意味がありません。

愚かなことに住民票を移す人がいます。これは夜逃げでもなんでもありません。これは単なる引越しです。住民票は役所に行けば正当な理由があれば誰でもとることができるわけです。ですから、住民票はそのままにして、体だけ動くわけです。しかし、住民票がないといろんなことができません。健康保険は作れません。また、子供は学校へ通えません。またちゃんとした会社で働くと税金が収められてしまいますから、役所に個人情報が流れます。こうしたことはすべて足が付くきっかけになりますから、すべてあきらめましょう。

こう考えますと、夜逃げをする、というのは普通の社会生活をあきらめること、といっても良いでしょう。そうならないように、やはり借り入れは計画的に。

無利息のサラ金、公務員が審査に通りやすい理由

サラ金の中でも無利息ローンを展開している消費者金融が増えてきました。一般的に無利息ローンの審査は通常のローンの審査より難しめだと言われています。それはなぜでしょうか。それは無利息ローンは通常のローンより金利が低めになるため、貸倒の危険の高い人には貸したくない、という理由です。では、やや厳しめの審査ですが、どの消費者金融も喜んでお金を貸したがる職種の人々がいます。どういう人たちだかお分かりになりますか?そうです、それは公務員です。

では、なぜ公務員はこれほどまでに貸金業者に好まれるのでしょうか。今ではそんなに流行りませんが、以前「親方日の丸」という言葉がありました。若い人たちですと、一体なんのことやら、と思われるかもしれません。これは自分の親方、雇い主は日の丸、つまりは国家、あるいは自治体ということです。もちろん今の国家財政ですと、日本という国自体もいつ破綻してしまうかわかりませんが、それでも一般の企業に比べれば目下のところかなり安定していると言えるでしょう。

すべての公務員が高給取りなわけではありませんが、上記の理由から毎月かなり安定した収入を得ることができるのは確かです。そして、消費者金融にとってはなによりも安定した収入を長期にわたって得ることができる人は貸倒の危険が少ないですし、延滞される可能性も減ります。ですから、彼らはそういうひとたちとお付き合いしたい、是非借りていただきたいと思っているわけです。

電話で申し込みもOKのバンクイックとノーローン、どっちが使える?

バンクイックは三井東京UFJ銀行のカードローンです。電話で土日関係なくいつでも申込むことができますし、さらには郵送やインターネット経由での申し込みもOKです。さて、これに対してノーローンは新生銀行系列のシンキが展開するカードローンで、特徴は1週間の間は無利息で利用することができる、ということです。ここでは、この二種類のカードを比較してみたいと思います。

まず、お金を借りる際にはどうしても気にするのが、金利ではないでしょうか。まずバンクイックですが、4.6~14.6パーセントとあります。これはかなりの低さと言えそうです。これに対してノーローンですが、9.5~18パーセントということです。ほとんどの場合、始めて借りる人の場合は借りても数十万円ということにあるかと思いますので、金利の上限で借りることになるでしょう。それでも違いは歴然3.4パーセントです。

そんなことであればみんなバンクイックに流れてしまうのではないでしょうか。しかし、そうならないのには何か理由があるはずです。そうです、理由は簡単です。ノーローンで借りる人は、言葉は悪いですが、消費者金融でなければ借りられない人、銀行で借りられない人たちなわけです。つまり銀行での審査には落ちてしまう人たちです。ですから、例えばバンクイックの金利が低いとわかってきても大部分の人が消費者金融に流れてしまう、そうせざるを得ない、というわけです。

でもノーローンの場合は上にも述べたように1週間は無利息ですから、それはこのサービスの大いなる強みですし、1週間を超えて借りる場合も金利は利用期間から7日を引いて割り出すことも覚えておきましょう。

結論としてはバンクイックはお得だけでも、審査に通るのは簡単ではない、ということです。

消費者金融のノーローンとクレジットでキャッシング、どちらがお得?

キャッシングするには大きく分けて二つの方法があります。ひとつは多くの人がすでに持っているクレジットカードのキャッシング機能を利用する方法です。そして、もう一つは消費者金融でキャッシングする方法です。消費者金融でも特に注目に値するのはノーローンです。これは新生銀行系のカードローンで、1週間は無利息でお金が借りられるというサービスです。さて、このノーローンと一般的なクレジットカードを比べて、どちらがお得か少し検証してみましょう。

まず、最初に検討すべきなのはなんといっても金利でしょう。金利はどちらも数十万円の借り入れならば同じで、18パーセントくらいです。大きな違いはないと言えます。ただ、上にも挙げたようにノーローンは1週間は無利息で借りられますから、仮に1週間を超える借り入れの場合にも、全体の借り入れ期間から7日間を引いて金利を計算します。金利は借り入れ日数が長くなればなるほど増えますから、ノーローンだと若干ですが、金利が安くなることがわかるでしょう。

あと比較すべきはクレジットカードではキャッシング機能に加えてショッピング機能があるということです。というか、クレジットカードはもともとショッピング枠がメインですから、その両方が使えるというのはクレジットカードの便利なところでしょう。おそらくほとんどの方はすでにクレジットカードをもっておられるでしょうから、これから更にノーローンのカードを作るのも手間のように思えるかもしれませんね。しかし、ノーローンには年会費等がかからない、というのも検討できるひとつの要素かもしれません。

あなたのニーズに合わせて賢く使ってください。